変わらない⑤

エホバはわたしの嗣業の分け前、
まことにこの嗣業は、わたしにとって美しい。詩篇16章5-6節
地は人の真の嗣業ではありません。地は一つの象徴であって
神が人の嗣業です。

変わらない④ 

生ける望みを持たせ、
朽ちず、汚れず、しぼまない、あなたがたのために天に蓄えられている嗣業を得させてくださいました。

変わらない③

  すべての堕落した人類はしおれた草のようであり、彼らの栄光は散る草の花のようです。
ですから、散っていく人は永遠の神が必要です。 

変わらない②

 人は常に何かを追い求めて、内側にある永遠の感覚を満たそうとします。
この永遠を追い求める感覚を満たすことができるものはどのようなものでしょうか? 

変わらない①

日の下で、物質の領域において永存するものは何一つありません。
あなたはこのものが重要であると思っているかもしれませんが、それはすぐに過ぎ去ります。
この世で、永久、永遠のものを見いだすことはできません。